ライターと言うと「書く」仕事だというのはわかっても、その詳しい仕事内容はあまり知られていません。

  • PCとインターネット環境があればどこにいてもできる
  • 自分にもできそう
  • 好きなことで収入が得られる

など、ライターを目指す人が増えていることは確かです。

今回はライターにもさまざまなジャンルや働き方があることを解説しながら、志望動機の書き方を例文付きで紹介します。

参考にしてチャレンジしてみてくださいね!

地元の独自求人多数!お仕事探しは「求人サイトはたらくぞドットコム」

ライターの仕事とは?

簡単にライターの仕事について紹介します。

基本的には文章を書くのが仕事ですが、書く媒体は雑誌、書籍、情報誌などの紙媒体、Webサイトのコンテンツなど、多岐にわたります。この記事を書いているのも、ライターの仕事ですね。

もちろんそれぞれに取材やインタビューが必要だったり、資料探しをしなくてはならなかったりと、特徴や違いがあります。

さらに、働き方も多様で、ライターが在籍する企業としては、出版社や編集プロダクション、広告制作会社や広告代理店、Web制作会社などがあります。またフリーランスのライターも非常に多い世界です。

ライターは編集者やデザイナーなどとチームで仕事をしますし、取材など人と接する機会も多いと言えます。

最近ではWebライターに特化した、完全に非対面で行える業務も増えてきていますが、人とのコミュニケーションは避けられません。

ライティングスキルだけでなく、コミュニケーション力、コンテンツを書き続けられるアイデアや技術、スケジュール管理や責任感といった能力が求められるのですね。

ライターとして働く上で、どの働き方が自分に合っているのかも踏まえて、志望動機を書く前に整理してみましょう。

志望動機を書く前に考えてみてほしいこと

志望動機をいきなり書く前に、なぜライターになりたいか、今一度整理してみましょう。書き出してみると、漠然と思っていたことが自分でもスーッと腑に落ちて、志望動機が書きやすくなります。

経験や性格面から考える

まずは今までの経験や性格面から、ライターに向いているかどうか考えてみましょう。幅広いライターの仕事ですが、その中でも雑誌なのかWebなのか、就職したいのかフリーになりたいのかでも、活かせるものが違ってきます。

例えば「リサーチが得意だからWebコンテンツを作りたい」「自分の得意分野の知識を文章にして広めたい」など、どのようなタイプの文章を書きたいのか考えてみましょう。

またライターは取材日時や納期など、約束事は絶対に守る必要があります。特に紙媒体は〆切厳守なので、スケジュール管理や最後までやり遂げる責任感が重要。この部分が得意なら良いアピールポイントになります。

働き方を考える

前述したように、ライターの働き方も多種多様です。「たくさんの人に会って話を聞き、それを文章にして伝えたい」なら情報誌、「お洒落な雑誌でブームを作りたい」なら出版社というように、ライターとして何がしたいかを明確にすると、必然的にどの媒体が最適か見えてきます。

もちろん、フリーで色々なジャンルの仕事をすることも可能ですが、それにはある程度の経験とスキル、コネクションが必要になるでしょう。

採用されるとお祝い金!お仕事探しは「求人サイトはたらくぞドットコム」

【例文付き】ライターの志望動機の書き方

ここからは企業へライターとして就職を希望する場合の志望動機の例文を、経験者向け、未経験者向けで紹介します。書く仕事はオリジナリティも求められるので、あくまで参考にして自分の文章で思いを伝えましょう。

未経験者の場合

『ライターとしては未経験ですが、前職の化粧品メーカーでは総務部に勤務しており、社内報の制作に携わっておりました。販促ではないので、広告や自社サイトには関わっておりませんが、社内報の意義を考えながら内容を企画し、スタッフにインタビューしたりアンケートを取ったりしながら、記事を執筆していました。記事を読んだ社員から「読んだよ」と声をかけられることが喜びとなり、ライターを志すことにしました。御社の制作されている美容系のWebサイトを拝見しまして、化粧品メーカー勤務で培った化粧品の知識が、美容ライターとしても活かせると思い応募いたしました。また経験不足を補うため、日本語検定1級、日本化粧品検定1級も取得しております』

☆ポイント☆

ライターとしては未経験でも、化粧品メーカーで社内報を企画から執筆までしていたことがしっかりアピールされています。資格取得も未経験からライターを目指す意気込みが感じられますね。得意なジャンルもアピールできており、何故この会社のライターに応募したのかも説得力のある内容になっていますね。

経験者の場合

『私はフリーランスのライターとして5年の経験があります。主に情報系の雑誌で取材から執筆までの仕事をいただいており、飲食店や商業施設など年間150件以上の取材をしてきました。その中でたくさんの人と出会いましたが、もっと人と深くふれ合い、本当に世の中に必要な情報を発信したいと思うようになりました。そこで御社が発行しておられる「○○」という雑誌で、人物にフォーカスしたインタビュー記事を拝見し、フリーランスでは難しい御社のような企画をぜひ取材・執筆がしたいと思い、応募させていただきました。これまでの取材経験を活かして、一歩踏み込んだインタービュー記事を制作したいと考えております』

☆ポイント☆

これまでの経験を雑誌社で活かしたいという意気込み、なぜフリーランスから雑誌社に入社したいかという理由も明確にしてあってわかりやすいですね。

志望動機に書いてはいけない!NG文言

ライターの志望動機に限りませんが、「仕事が簡単そう」「時給がいい」という理由を志望動機に書くのはふさわしくありません。

また未経験からの応募で「学びたい」という理由もあまり歓迎されない志望動機です。

さらにクリエイティブ業界だからといって、突飛なアイデアや文章などで個性をアピールしすぎるのもNGです。あくまでも企業は常識人であることを求めていますし、ライターは人と会う機会も多いので、気をつけたい部分です。

雇用側におもねる必要はありませんが、入社したいという意志を見せるためにも、相手に敬意をはらう必要があります。

ましてやライターという職種ですから、あまりに個性的な人は法やマナー、ルールに抵触するものを書いてしまうのでは?という不安も。

志望動機には、なぜライターを希望するのか、なぜその会社なのかを書き、さらにどのような仕事をしたいのかを書きましょう。

応募から面接まで気をつけたいこと

応募から面接まで気をつけてほしいことをまとめましたので、しっかりチェックしてください。

履歴書を送る際のチェックポイント

  • 誤字脱字がないか
  • 空欄のままの部分がないか
  • 写真のサイズ、貼り方は正しいか
  • 押印しているか
  • 住所は都道府県から書いてあるか(封筒も同様)
  • 学校名、会社名に(株)などの略語を使っていないか
  • 添え状は同封したか
  • 封筒の表に「履歴書在中」と赤の囲み文字で書いたか
  • 適切な料金の切手を貼ったか
  • 封筒の裏書きに自分の住所氏名を書いたか

ライターという職業ですから、特に誤字脱字や略語には気をつけましょう。それだけでかなり印象が左右されてしまいますよ。

面接時の持ち物チェックリスト

面接まで進んだら、必ず前日までに以下のリストが準備できたかチェックしましょう。

  • 履歴書(先に送付した場合はコピー)
  • 筆記用具(ペン、ノート)
  • ポートフォリオ(紙に出力したもの)
  • スケジュール帳

当日気が付いても準備できないものもあるので、必ず前日までにチェックして面接に臨んでくださいね!

正社員・バイト!お仕事探しは「求人サイトはたらくぞドットコム」

まとめ

ライターという職業は憧れる人も多い分、誰にでもできると思われがちです。そこに付加価値を与えるには、自分だけのオリジナリティも必要。

しかし個性のアピールのしすぎは志望動機や面接には不向きなので、ライターへの情熱や意気込みをしっかりアピールしましょう。