はたらくひとのコンテンツ>

転職活動をする時の退職理由・志望動機の伝え方

転職活動をする時の退職理由・志望動機の伝え方
悩んでいる女性

お祝い金がもらえる求人サイト「はたらくぞドットコム」です。

 

転職活動をする際に返答に困る質問の1つが退職理由、転職理由ではないでしょうか?

今回は企業を納得させる退職理由、転職理由の答え方について考えていきたいと思います。

 

 

1.なぜ退職理由を考えておく必要があるのか

退職理由、転職理由は必ずといっていいほど面接では話題に上がります。

企業側の考えとしては、その人がどのような理由で退職・転職を決めたのかを知ることで、実際に会社に入社した際にミスマッチが起きないか、同じ理由で退職しないかなどを知りたいというところがあります。

その時に「残業が多くて大変だった」や「人間関係が上手くいかなくて…」などネガティブな理由をそのまま伝えてしまうと企業に悪い印象を与えかねません。

そこで、しっかりと自分が退職・転職を決めた理由を洗い出しポジティブな方向に考えをまとめ、企業が納得するような返答を準備する必要があります。

 

 

2.まずは理由の深堀りから!

例として「人間関係が上手くいかなかった」という理由で退職した場合について考えてみます。

人間関係が上手くいかなかったと一口に言っても様々な理由が考えられます。

具体的に書き出してみましょう。

・自分のやり方を押し付けてくる上司と合わなかった

・成績重視の社風で社員間の競争意識が激しく、なじめなかった

 

 

3.志望動機につなげて一貫性のある内容にする

理由の深堀りが終了したら次はその内容を志望動機につなげていきましょう。

深掘りした結果、自分が退職を決めたのは「成績重視の社風で社員間の競争意識が激しく、なじめなかった」からだったとします。

面接官に「成績重視が嫌だった」と受け取られてしまうとネガティブなイメージですが、「周囲の人たちと協力して仕事をすすめたかったが前職ではできなかった」というふうに伝えるといかがでしょうか。

ポジティブなイメージになると思います。

ポジティブな理由になれば、「周囲の人たちと協力して仕事をすすめたい」→だから御社で働きたいというように一貫した流れで話ができるので、面接官に納得してもらいやすく、さらにこの会社で働きたい!というモチベーションも伝えることができます。

「自分のやり方を押し付けてくる上司と合わなかった」が理由の場合は「以前の職場は保守的で意見やアイデアが出せる場がなかったので、自分の意見やアイデアをどんどんだして新しいことに挑戦したい」と言い換えることができます。

 

 

4.まとめ

いかがでしょうか?

どんな物事でも見方を変えればプラスになったり、マイナスになったりします。

転職するにあたり、退職に至るまでの自分の気持ちやこれからやりたいことなど、自分の考えを具体的かつ俯瞰的に考えてみる事で新しい発見があるかもしれません。

まずは自分の気持ちをしっかりと知ることから始めてみましょう。

これから転職活動を始めようとお考えの方は是非参考にしてみてくださいね。

 

お祝い金がもらえる求人サイト「はたらくぞドットコム」

未経験OKの求人はこちら

ページの上へ

求人・転職情報サイト「はたらくぞドットコム」について

求人・転職情報サイトはたらくぞドットコムでは、地元有名企業の求人や積極採用中の求人など、地元ではたらくひとに人気の正社員・契約社員・アルバイト・パートの求人を多数掲載しています。他の求人サイトや求人誌に掲載されていない当サイト独自の求人も多数ありますので、是非チェックしてみてください!

また、本格的に転職やお仕事探しをスタートしていない人でも、無料の会員登録をしておくだけで、新着の求人情報やあなたにぴったりの求人情報を受け取ることができます。求人や転職ははたらくぞドットコムにお任せください!