福岡県の求人>はたらくひとのコンテンツ>

求職者、これをしたら即!応募段階で不採用

求職者、これをしたら即!応募段階で不採用
images

残念ながら書類審査で落ちてしまった。なかなか面接にも行けないことってありますよね。色々な求人サイトや求人誌から求人票を見まくりながら、ここぞと思って気に入った求人に応募をします。直接履歴書を送る場合や求人サイトを通して応募する場合などありますが、絶対やったら「即」不合格確実なパターンの「面接までいけない集」をまとめてみました。

 

 

履歴書編

1.以前使用した履歴書を使う。

いけませんねー!結構すぐばれますよ。履歴が多い人は2ページにわたって書かないといけないので、面倒なのでついつい前に受けて落ちてしまって戻ってきた履歴書を使ってしまう。それってすぐわかるんです訂正したり修正テープで書き直してあった履歴書もありましたけど最悪ですね。まず、記入日の期日を書いていない。使いまわしできるように書かないんです。誤字脱字もいけません、一字一句間違えても最初から書き直すことです。

 

2.顔写真を張っていない。これもいけません。images (3)

貼っていない場合を想定したら、忘れたかわざとか面倒なのかですのでそういう人は最初から面接もしません どこか観光地で撮った写真を張ってくる場合もありますし、ワードで履歴書を作成して持っている写真を転写してくる場合もありますが、あまり印象はよくないですね。決められたサイズでちゃんとした写真をできれば証明写真機できちんと撮りましょう。

 

3.自筆の履歴書と指定しているのにワードで作成したもので送ってくる。

条件を指定しているにもかかわらずにこうしたことをする場合は、よく求人票を見ていないと思われ注意力不足と判断され、それこそ「即」不合格です。自筆と指定する場合は、筆跡も判断材料と見做しているからです。気持ちが筆跡に現れるものなのですから下手でもいいので丁寧に書くことです。

 

4.年齢と記載している入学・卒業・離職・再就職などの年月日などが合わない。

一般的に6・3・3・4学制なのですが、どう計算しても合わない場合があります。留年や退職などでどうしても空白期間が出てしまうものなのですが、あまりにも空白が1年や2年もあったら印象が悪くなるように感じますよね。ましてや離職の履歴が4社も5社もあると、この人は定着率が悪いや飽きっぽいなどと見られ易いのでどうしても誤魔化してしまう。しかし、これは「履歴詐称」なので絶対禁物!どうせ判るものですから正直にね。

 

 

images (2)

5.希望欄に「土・日・休日は休めますか」「残業はありますか」「賞与は何ヶ月ですか」

まさに、土・日・休日は休みたい、残業はしたくない、賞与はもらいたいと言っているようなもの。当然聞きたいことなのでしょうけど、ここで聞くことではありません。これでは選考に不利になること請け合いです。このことは面接時にそれとなく雰囲気を察知しながら聞くことです。書くとしたら、入社した場合の応募職種の具体的仕事内容、例えば営業であれば「新規営業をしたいのですが可能ですか」や、「売り上げはどのくらいやればいいのですか」など、本来営業募集という場合の大半の業務はその「新規営業」と「売上獲得」この二つですので、そこを積極的にアピールすることです。

 

 

 

ページの上へ

福岡最大級の求人サイト「はたらくぞドットコム」について

福岡の求人サイトはたらくぞドットコムでは、地元有名企業の求人や積極採用中の求人など、福岡ではたらくひとに人気の正社員・契約社員・アルバイト・パートの求人を多数掲載しています。他の求人サイトや求人誌に掲載されていない当サイト独自の求人も多数ありますので、是非チェックしてみてください!

また、本格的に転職やお仕事探しをスタートしていない人でも、無料の会員登録をしておくだけで、新着の求人情報やあなたにぴったりの求人情報を受け取ることができます。福岡の求人や転職ははたらくぞドットコムにお任せください。